So-net無料ブログ作成
検索選択

今年の13本目「聲の形」 [映画]

「聲の形」

まずは、山田尚子監督ごめんなさい。ついこの間まで、アニメ業界30年+αの大ベテランのおばさんだと思っていました。過去作品のクオリティから察すると、若手とは思えなかったので。25歳の時「劇場版 けいおん」の監督、そして大好きな「たまこラブストーリー」も監督しているのにノーチェックでした。大学卒業後3年で監督するって、どういうこと? まぁ、才能なんでしょうね。もちろん努力も尋常じゃないんでしょうが、凡人が努力してもそんな短期間では何も為せません。

さて、映画の方ですが、ストーリー、絵のクオリティ共にすばらい。ヒロインの西宮硝子ちゃんも可愛い。健気すぎる、受け身すぎるけど、実は芯が強い感じもいいです。でも、いじめ関連のところは見ていて辛い。ハンデ負っている人が、何故いじめの対象にならないといけないのか? 虐めていた主人公が、虐められる側に回った時の辛さ(因果応報なんですけどね)等、DVDで観てたら早送りしたくなるようなシーンが多い。

京アニ作品は、ある意味あり得ない平和な世界のファンタジーみたいなのが多かったけど、現実社会にある問題や人間関係の軋轢みたいなことを取り上げるようになって来たのかなと感じています。TVでやっている「響けユーフォニアム」も音楽スポ根って面もあるけど、どちらかというと人間関係の面倒なところ描いて行く感じですもんね。

実は、9月にこんな所に行っていました。
京アニショップ1.jpg
※実は、硝子ちゃんのお母さんが一番辛そう。いじめを受けている聾唖者の長女、登校拒否の次女、自分の親の面倒を一人でみている。おばあちゃんは、途中で死んでしまうし。良く心折れずにやっているなと思いましたよ。お母さんの話もみたいです。


映画「たまこラブストーリー」 [Blu-ray]




たまこまーけっと Blu-ray BOX(初回限定生産)


タグ:京アニ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。