So-net無料ブログ作成

2018年の6本目は「グッバイゴダール」 [映画]

映画館での鑑賞を、年間最低12本を目標にしているのだけど、早くも7月段階で一本マイナスのペース。見たい映画と暇(上映時間とかも)がうまく重ならないと、2ヶ月くらい空いてしまう。
今回は、久々のフランス映画「グッバイゴダール」。YMOファン的には、ファーストアルバムの楽曲とゴダールの映画は切っても切れないので、「中国女」がストーリーの発端になっているこの映画は見逃せないところ。
色んな意味で、面白かったです。アンヌ役のステイシー・マーティンは、美人というか可愛いし、うまいので良かった(貧乳なのが残念)。

・ゴダールは、分かっていたけど、超難しい奴。映画監督としても優れているし、革新的な試みにチャレンジしていて凄いんだけど、付き合うのは正直厳しい感じ。
・幾ら才気に富んでいるとは言え、ヒロインは20歳くらい(付き合いだしたのは19歳らしい)で、ゴダールと付き合うのって、どー言う精神構造しているのか。正直只者ではない(実際、のちに小説家で活躍したみたい)。
・ゴダール自体は、思想的には反体制側なのに、学生からみると体制側だし、友人とかも成功者側なんだよね。自己矛盾を抱え込んでいる感じは、よく出ている。
・この作品中だと、殆どお金になる映画取っていない。過去作で相当稼いでいたのか?
・パリでのデモの投石は、石畳から石を取っているのは初めて知った。パリの学生は、野球経験がないので、医師の投げ方が下手。
・デモの学生が、シトロエン2CVを壊していた。絶対庶民側の車だろ! 狙う対象が間違っている。
・ステレオタイプなんだけど、映画撮影現場においてもイタリアは陽気で楽しそう。






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。