So-net無料ブログ作成

2018年の8本目 オーシャンズ8 [映画]

今年の8本目は、8本目と言うことで「オーシャンズ8」

サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ、リアーナが出ているだけで見る価値あるでしょ。他の四人もいい味出してるし。オークワフィナは新たな発見。

駄目な女優を演じるアンが最高です。笑いこらえるの大変。
ケイト姉さんはかっこよすぎるし、サンドラはFBIだったのに泥棒だし!

夏の映画としては最高じゃないですか。
次回作みたいなぁ。それにしても、兄貴のオーシャンズは死んでいないよね、絶対。



nice!(0)  コメント(0) 

今年の7本目「ミッション・インポッシブル/フォールアウト」 [映画]

7本目は、打って変ってアクション物「ミッション・インポッシブル/フォールアウト」

ちょっと年上のトムが頑張っている以上、見に行かざるを得ないでしょ。
まじ、アクションすごい、良く体動くよね! 筋は兎も角、アクションだけで楽しめる。
サイモン・ペッグも相変わらずいい味出しているし、いいシリーズに育っているなぁ。

それにしても、トムは幾つまでやるんだ! トム・クルーズ主演でミッション・インポッシブル見れるのも後1回か2回なんだろうなぁ。

※インポッシブルと言いつつ、絶対成功する安心感がいい映画。
nice!(0)  コメント(0) 

2018年の6本目は「グッバイゴダール」 [映画]

映画館での鑑賞を、年間最低12本を目標にしているのだけど、早くも7月段階で一本マイナスのペース。見たい映画と暇(上映時間とかも)がうまく重ならないと、2ヶ月くらい空いてしまう。
今回は、久々のフランス映画「グッバイゴダール」。YMOファン的には、ファーストアルバムの楽曲とゴダールの映画は切っても切れないので、「中国女」がストーリーの発端になっているこの映画は見逃せないところ。
色んな意味で、面白かったです。アンヌ役のステイシー・マーティンは、美人というか可愛いし、うまいので良かった(貧乳なのが残念)。

・ゴダールは、分かっていたけど、超難しい奴。映画監督としても優れているし、革新的な試みにチャレンジしていて凄いんだけど、付き合うのは正直厳しい感じ。
・幾ら才気に富んでいるとは言え、ヒロインは20歳くらい(付き合いだしたのは19歳らしい)で、ゴダールと付き合うのって、どー言う精神構造しているのか。正直只者ではない(実際、のちに小説家で活躍したみたい)。
・ゴダール自体は、思想的には反体制側なのに、学生からみると体制側だし、友人とかも成功者側なんだよね。自己矛盾を抱え込んでいる感じは、よく出ている。
・この作品中だと、殆どお金になる映画取っていない。過去作で相当稼いでいたのか?
・パリでのデモの投石は、石畳から石を取っているのは初めて知った。パリの学生は、野球経験がないので、医師の投げ方が下手。
・デモの学生が、シトロエン2CVを壊していた。絶対庶民側の車だろ! 狙う対象が間違っている。
・ステレオタイプなんだけど、映画撮影現場においてもイタリアは陽気で楽しそう。






nice!(0)  コメント(0) 

2018年 5本目はリズと蒼い鳥 [映画]

久々の京アニ作品の「リズと青い鳥」が5本目。
おっさん一人で鑑賞は恥ずかしかったのだが、映画館に行ってみると同好の士が何だかんだか沢山いて、安心というか「響けユーフォニアム」のファン層って予想以上に広いことを認識。

TVアニメとは違ったテイストで、いきなり百合展開全開だけど、本質的には友人関係と自己認識の話に収斂している感じ。自分のことって、あまりわかっていないんだよね。結局、人間関係の中でわかっていくことなのかなぁ。

みぞれちゃん可愛すぎ。それにしても北宇治高校ブラバン可愛い子しかいない。みんな個性的だし、羨ましいな。吉川優子部長もそれらしくなっていて、笑えたし、キャラがいいんだよなぁ。

映画の本筋とは違うけど、コンクルーの方も気になる。黄前さん達が2年生の物語もぜひTVアニメでやってほしい。
nice!(0)  コメント(0) 

2018年 4本目はペンタゴンペーパーズ [映画]

2018年4本目は、「ペンタゴンペーパーズ」。スピルバーグ、メルル・ストリープ、トム・ハンクスと来たら観ないわけにはいかないよね。ちょっと邦題には不満。原題の「The Post」の方がカッコいいのに! ペンタゴンあまり関係ないし、どーしてこんなことになるのかなぁ。

映画は、普通に面白いです。日本の政府とマスコミの状況みるとまぁニクソン時代のアメリカの方が救いがあったのかと思いました。
nice!(1)  コメント(0) 

2018年 3本目はグレーテストショーマン [映画]

だいぶ前に観たのですが、3本目はグレーテストショーマン

ひょっとして、僕はヒュー・ジャックマンのファンなのかもしれないと思った一本。
いやぁ。なんか立っている姿自体、かっこいい。
エールフランスの機内で見たローガンみたいに、もうダメなおっさんやっていてもカッコいいと思ってしまったほどだ。

さて、グレーテストショーマンですが、テンポよく進み色んなことが起きるので飽きることなく最後まで見れます。こんな早く成功しちゃっていいのかよと思いきや、そうは問屋が卸さない。一旦成功ごも事件の連続。実話ベースと言うのは結構驚き。アレンジは入っているのは当然でしょうけど、波乱万丈の人生だったことは確かなんだろうなぁ。
そうそう、音楽は、特にいいですよ!


nice!(1)  コメント(0) 

2018年2本目 パディトン2 [映画]

キングスマンの最新作も観たかったんだけど、2本目は同じ英国色が強い(というかロンドンそのもの)のパディントン2
パディントンは、昨年Amazonプライムで鑑賞済み。
ヒュー・グラントが出ている以上、観に行かないわけには行かないよね。このシリーズ、一本目のニコール・キッドマンといい悪役の選び方で良い味出している。

可愛いクマちゃんの話と侮っていると、期待値以上の楽しさとストーリの良さ。伏線回収も義務のように殆どの回収! パディントンの様な純粋さを持ちたいわ!





パディントン【期間限定価格版】Blu-ray


nice!(0)  コメント(0) 

2018年1本目 ご注文はうさぎですか?? Dear My sister [映画]

2018年 1本目はストラスブールに行った勢いで、何と「ご注文はうさぎですか?? Dear My Sister」
11月公開の映画を今更? 他に見る映画あるだろと思ったけど、やっぱ行っとくべきだよね。

まぁ、現実の辛さを忘れ、ゆる〜い世界に浸れます。TV版好きなら、観たほうがいいかな。

お台場の夜の回で見たんだけど、自分入れて二人しか観客いなかった!
人生で最小の観客数の映画鑑賞だと思う!
nice!(0)  コメント(0) 

2017年10本目スター・ウォーズ 最後のジェダイ [映画]

2017年は、結局月一の映画鑑賞が出来ずにオワッタ。2018年は、がんばろっと。
流石にスター・ウォーズ 最後のジェダイは見逃すわけに行かず、公開二日目に観に行きました。

全世界で、賛否が渦巻いているみたいだけど、僕は面白かったです。アクション最高だし。
次の展開も気になるし、早く次回作みたいです。
これから本格的に新世代の物語が始まると思うと楽しみ。




【Amazon.co.jp限定】 スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) (Amazonロゴ柄オリジナルケース付) [Blu-ray]


nice!(1)  コメント(0) 

2017年9本目 ジャスティス・リーグ [映画]

2017年9本目は、ジャスティス・リーグ

期待値が低かったんだけど、見たら面白かったです。やっぱ、ワンダーウーマン見てから、ジャスティス・リーグを見たほうが良かったかなぁ。

思ったのは、スーパーマンが強すぎるってことかな。物語を作る上でスーパーマンの圧倒的な強さをどーするかが、難しい課題だね。バットマンはただの体鍛えた金持ちだし。
nice!(1)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。