So-net無料ブログ作成

熊本もっこすラーメン [たべもの]

近所の生協で偶然見つけた「熊本もっこすラーメン」が、実に上手かった!
少年時代を熊本で過ごした私は、九州ラーメンが好きなので、それっぽい商品があるとつい買ってしまうのだ。
一人前130円くらいだったから、インスタントラーメンとしては高い。まぁ、マルタイくらいかなとの低い期待感で望んだのは、全く良い意味で期待はずれだった。
スープの濃さ、麺の細さ、固さどれもすごく良い。東京にある九州ラーメンのお店よりいいかもしれない。値段を考えると、この商品は恐ろしく良く出来たインスタントラーメンだ。2ちゃんでもスレができるほどの商品である。
五木食品頑張れ! 

dancyu (ダンチュウ) 2008年 02月号 [雑誌]

dancyu (ダンチュウ) 2008年 02月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: プレジデント社
  • 発売日: 2008/01/04
  • メディア: 雑誌


熊本の人気ラーメン88―食べ歩き徹底取材!

熊本の人気ラーメン88―食べ歩き徹底取材!

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 熊本日日新聞社
  • 発売日: 1993
  • メディア: -


Mustard oil by 天津調理研究所 [たべもの]

テーブルの上にさりげなく「芥茉油」なるものが置かれていたので、おかずの野菜炒めに一滴かけてみた。軽い気持ちで使った自分が、愚か者であることに気付くのに、時間はかからなかった。
死ぬほどというか、劇薬的に辛い! わさびを濃縮した特殊な液体という感じ。天津調理研究所ってところが作っているらしいが、調味料というより何かの薬品に近い。本国では一体何に使っているんだ?
とはいえ、この刺激が病み付きになりそうなので、怖い。

Condiments: The Art of Buying, Making and Using Mustards, Oils, Vinegars, Chutneys, Relishes, Sauces, Savory Jellies and More

Condiments: The Art of Buying, Making and Using Mustards, Oils, Vinegars, Chutneys, Relishes, Sauces, Savory Jellies and More

  • 作者: Kathy Gunst
  • 出版社/メーカー: Putnam Pub Group (T)
  • 発売日: 1984/10
  • メディア: ハードカバー


TORIYA 日本橋 [たべもの]

今日は、奮発して以前から気になっていた”TORIYA"で、焼き鳥定食を試した。
1000円(御飯、スープのお代わり自由)は昼飯にしては非常に高いので、相当な味でないと納得できない!
焼き鳥は、5種類。一つ一つの肉が大きいので、そんなに少ないわけではないが、1000円という値段を考えると。7、8本は欲しいぞ。味は、まぁまぁというか、美味しいのだけれども、値段が頭から離れないので評価はそれほどでもない。コストパフォーマンスは、今ひとつって所かな。


八坪屋(日本橋) 味噌ラーメン [たべもの]

体に悪いと思いつつも、またまたラーメン。
暫く行っていない方面(要はあまり店が無い)に、いつの間にかにできていたラーメン屋さんに挑戦してみた。名前は、八坪屋。八坪しかないからかなのかは不明。味噌叉焼をオーダー(確か850円)。トッピングは色々選べるようです。
麺は、中太。スープは濃厚ですが、油でドロドロってことは無いです。ちょうどいい感じです。
麺とスープのマッチングはいいと思いました。残念なのはチャーシューです。4枚しかのっていません!もうちょっと、沢山乗せて欲しいなぁ。

ラーメン発見伝 トンコツ・味噌塩ラーメン編

ラーメン発見伝 トンコツ・味噌塩ラーメン編

  • 作者: 久部 緑郎
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2004/10
  • メディア: ムック


じゃんがら 日本橋店 [たべもの]

今日はまた九州ラーメンを求めて、じゃんがらラーメン日本橋店へ向かう。猛烈に蒸し暑い中、わざわざ遠くまで歩くとは、我ながらバカである。仕事の都合で、2時過ぎと遅い昼食だったので、並ばずに入れた。
やはり、じゃんがらの方が旨い。豚骨くささは物凄いが、スープは濃厚。同じ細めんでも、こちらの方が断然美味しい。どうせ食べるなら、多少歩いても、じゃんがらの方がいいな。


由○ [たべもの]

今日の昼は、どうしても九州ラーメンが食べたくて、会社の側にある由○に向かった。味はかなり今ひとつだが、九州っぽいのを食べた時には重宝する。それでもやはり、ちょっと歩いて”じゃんがら”まで行って並ぶべきだったかと後悔の念もあり。明日は、じゃんがらにするか札幌ラーメンにするか迷うなぁ。今週の気分は、ラーメンなんだな。
やっぱ、熊本に行ってラーメン食べたいなぁ。


横手やきそば [たべもの]

会社の周りに来ている移動販売のお弁当屋さん(最近はこの手の商売も種類が増えて面白い)の中に、”横手焼きそば”のお店を発見。横手の焼きそばの話は、以前に日経新聞か何かで読んだ事があり、気になっていた。
豚やきそば大盛り(600円)を注文。目玉焼きは鉄板で焼いてくれたが、肝心の焼きそばは保温機の中から出て来て、ちょっとがっかり。「鉄板で炒めてよ」と言いたくなった。
麺は太麺で、ひき肉と福神漬けが入っている。それに、半熟の目玉焼きがトッピング。
特製ソースらしい(店の宣伝によるとオイスターソースやら何やら色々入っている)が、普通のウスターソースとそれほど違わないかなという程度。焼きそばに目玉焼きは、とってもフィットして美味しい。これは、家でも試したいところだ。
まぁ、これも本場の横手で食べてみたいところだが、流石にやきそばの為だけに横手までは行けないなと思うのだ。横手って、他に何か名物あるのかな。

秋田 乳頭温泉郷・角館―田沢湖・白神山地 (’07)

秋田 乳頭温泉郷・角館―田沢湖・白神山地 (’07)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 昭文社
  • 発売日: 2006/12
  • メディア: 単行本


あんかけスパゲティ?! [たべもの]

今日は、前から気になっていた、神田駅側にあるあんかけスパゲティの店ほう芽に行ってみた。
値段は比較的安く550円から。とりの唐揚げをトッピングに付けてみる。
麺は、なんだか学校給食のスパゲティを太くした感じ。パスタというより、硬めのうどんという感じ。問題のあんかけは、ただしょっぱいだけ。まぁ、一回話の種に食べてみる価値はある程度のものでした。安いから許せるけど、リピーターにはならないなぁ。
本場名古屋で食べると美味しいのだろうか? 地方の名物料理が、東京に進出すると何故か味が落ちることが多い気がするからなぁ。

食べる美術館―ウルトラC級名古屋グルメ 105人のキーパーソンが推奨する。

食べる美術館―ウルトラC級名古屋グルメ 105人のキーパーソンが推奨する。

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: アドア出版
  • 発売日: 1992/05
  • メディア: 単行本


最新 うまい店いきたい店 名古屋・岐阜・三重

最新 うまい店いきたい店 名古屋・岐阜・三重

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2000/04
  • メディア: 単行本


串工房 ZEN [たべもの]

京橋にある串工房 ZENにて、友人と会食。
ここは、自分で串揚げを揚げて、熱々を食べるのが売り。確かに揚げたては美味しいのだけど、串揚げ初心者には、厳しい。揚げるのは串を油に入れておくだけで出来るのだが、その前の段階、そうコロモを付けるのが上手く行かない! ぼてぼてになるか衣がつかないかどちらかになってしまう。
素材は、どれも質が高く美味しいです。故に揚げるのが下手なのが悔やまれます。4500円のコースで、かなり満足します。前菜類も美味しかった。

串揚げの説明してくれるおばさんも美人でハキハキしていて、気持ちいい感じでした。
串揚げ修行に通おうかなぁ。家でも揚げ物にチャレンジしたいな。

kushinobo―おいしい串揚げの本

kushinobo―おいしい串揚げの本

  • 作者: 乾 晴彦
  • 出版社/メーカー: 旭屋出版
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 単行本


神田 樽や [たべもの]

トンカツを食べようと神田方面へ向かうが、目当てのトンカツ屋さんがゴールデンウィークの為、お休み。
仕方がないので、神田駅付近を探索し見つけたお店が樽や 。店頭の黒板に「ジャンボオムレツ定食 800円」と書かれたのを見て、ふらふらと入ってしまった。オムレツも最近食べたかったので・・・。
オムレツの味、ボリュームともに満足! ふわふわで、巨大です。日本の洋食屋さんぽい味ですが、御飯にあうので悪くありません。
次は、夜試したいお店です。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。